このサイトについて

私は脱サラ(メカニカルシステムエンジニアとして営業職)から独立、個人事業主として飲食店を開業、それから40年近く経営をしてきて現在に至っています。

私の飲食店経営の40年間の経歴

まず、ブログ記事の信頼性のためにも、私の飲食店経営の経歴をお話ししておきます。正直に話しますが、何の経験もスキルもなく、いきなり独立店舗開業と言うスタートです。

ま、何を隠そうこの私が一番ダメなケース、安易な考えから飲食店開業した張本人なのです。しかも何の経験も無しにいきなりです。さらに無謀にも、店の方を先に建ててしまい、その現場で実践修行しようと言う訳ですから、他人からすれば無茶苦茶で何を考えているんだとなります。

なぜそうなったかというと、いざ独立しようと先に会社を辞めてしまい、郷里に戻ったのはいいのですが、私は18歳の時に進学のために郷里を離れ、それ以来県外生活でしたからその影響で、地元に何の手掛かりも無かった訳です。

いきなり事業を興すことなどできるはずもないですから、そのため先ずはアルバイトをしながら、何か事業を始めるネタはないかなと模索したのですが、1年経っても何の手立ても見つからなかったのです。

会社を辞める前に結婚もしていたので、このままいつまでもアルバイトという訳にもいかず、仕方がないので手っ取り早く独立するために、飲食業に手を出したという訳です。

本人ブログ記事「退職後に飲食店の経営を夢見る?その先には地獄が待っている!!」より引用

しかし、本人は「実践あるのみ実行」という考えで真剣そのものです。そういう経緯から40年間、よくぞ生き抜いてこれたなと、自分でも信じられない思いです。

以下、私の話です。脱サラから後、

  1. 最初の店舗は25坪位の2階建て木造お好み焼き専門店
  2. 2店舗目が多店舗化を目指して店長を雇用してのスーパーマーケット内フードコーナーにファーストフードショップ出店
  3. 3店舗目が店長を雇用してのショッピングセンター内独立店舗ファーストフードショップ出店

そんなこんなで、ショッピングセンター出店の当時は2店舗合わせて、年間売上高5000万円弱、人件費だけでも年間に1000万円位支出額がありました。なんだか自分たちの生活のためと言うよりも、人の雇用のために働いている感じでした。

しかし、どれも思うように軌道に乗せられませんでした。それでもう多店舗化は無理と判断して、全ての店を閉鎖し売却、その資金を元手にさらに3000万円を借入、資産化も兼ねてかなり無謀ではあったのですが、6000万円の投資額で最後の店舗をオープンさせました。

それが4店舗目の店で、最初に建てた木造建ての店舗を取り壊し、その跡地に重量鉄骨造3階建てのビルを建設し、1階部分を店舗としてオープンさせました。

そしてさらに20年後、その店舗を従来とは全く業種が異なる、本来唯一興味があったフレンチ洋食店としてリニューアルオープンさせたのが、今現在の店です。

もうこれが最後の店と言う事で、従来より私が一番やりたかった業種・業態の店としてオープンさせました。客席25席、駐車場8台の小規模店です。今現在はこの一店舗だけで営業しています。

ここまでの損失額は大まかですが2500万円位です。この位の金額で済んでいるのは撤退の時店舗をすべて居抜きで売却(昔鍛えた営業力のお陰)できたからですが、でなければ破産です。あなたにはこういう失敗はしてほしくないと思います。

しかし、私の人生はこのビル建設後も失敗と困難がいくつも続くのですから、人生は厳しいです。

以上の説明で私がどんな経歴の人物かは想像できると思います。しかし、それでもかれこれ40年近く飲食店経営を続けてこれました。

その過程において、人生と飲食店経営で得た経験と知識を、役に立つ情報として公開しています。必要とされる方の一助になればと思います。

人生哲学について

この人生哲学については、生い立ちにおいて、辛い思いをした子供の頃より興味を持った領域で、結構関心と興味を持って学び考えてきた事です。

ですから、自分が克服してきた経験から、悩む人に向けて有意義な記事が書けそうな時には、今後これも一つのテーマとして、発信していきたいと考えています。

以上のような私が運営しているサイトです。これからもよろしくお願い致します。

タイトルとURLをコピーしました