加登伶 の出身やwikiプロフ!大学と経歴&家族や仕事も調査!

加登伶人気上昇YouTuber
引用元:YouTubeチャンネル_加登伶 / かとうれい

皆さんは、目には見えない発達障害について、どんなことを知っていますか。2020年1月から活動し始めた加登伶さんは、発達障害の一種アスペルガー症候群という発達障害の持ち主です。

自身のYoutubeチャンネルで、アスペルガー症候群と診断された経緯や生い立ち、経験談について紹介しており、今多くの方に注目されているYoutuberの一人です。

今回は、そんな加登伶さんの出身地などを含めたwikiプロフをご紹介、さらに加登伶さんの卒業した大学や経歴、家族や現在の仕事について詳しく調べました。

1、加登伶の出身などwikiプロフ

まずは、加登伶さんのプロフィールをご紹介します。

本名に関しては、過去に自身の動画で「加登伶という名前で活動していこうと思っています」と発言していたので、加登伶が本名ではないことが分かりました。

こちらの動画の0:24〜から、名前についてお話しされています。

ちなみに加登伶という名前は、過去に趣味で書いていた小説をコンクールに提出した際に使用していたペンネームだそうです。

1992年5月23日生まれで、2022年7月現在は30歳です。年齢に関しても過去の動画でお話しされています。

こちらの動画の0:33〜から、名前についてお話しされています。(動画内では平成4年生まれと発言しています)

出身地は石川県加茂市です。過去に自身のInstagramで、地元に関する写真を何枚か投稿をされていました。

こちらがInstagramに投稿されていた地元の写真です。

2、加登伶の大学と経歴

2-1、加登伶の大学について

加登伶さんが卒業された大学の詳細は、公開されていませんでした。しかし過去に自身のYoutubeで、加登伶さんが入学した大学が分かるタイトルの動画を投稿していました。

こちらの動画のタイトルから、加登伶さんの入学した大学が分かります。

加登伶さんは、1浪してMARCHのどこかに入学されたようです。さらにこの動画の3:40〜からは加登伶さんが予備校にも通わず、自力で勉強されていたとお話しされています。

努力されたことが伺えますね。

2-2、加登伶の経歴について

加登伶さんは、大学卒業後にソフトウェア開発の企業に就職されています。しかし入社後1ヶ月で退社されています。

詳しく調べると、過去に自身の動画で会社を退社された際のお話しをされていることが分かりました。

この動画の1:20〜から退社した旨と、それに至った経緯を説明しています。

退社した理由は簡潔にまとめると「精神が病んでたから」だそうです。

加登伶さんは就職活動の過程で鬱と不眠と自傷行為が悪化し、それらが回復し切らない形で入社しました。

加登伶さんのお父様はそんな加登伶さんの姿を見て、内定を辞退するように説得したようです。しかし加登伶さんは1ヶ月でも、1週間でも、1日でもいいから働いて、自分で手に入れたお金で生きてみたかったため入社を決意しました。

他の動画では加登伶さんが入社後にどのように衰弱し、退社に至ったかをさらに詳しくお話ししています。

こちらが加登伶さんが退社に至るまでの経緯を、詳しく説明している動画です。

加登伶さんが社会人になって辛かったことは「通勤ラッシュ」「同期と仲良くしなさいと指示されたこと」「自分のやる事をこなしつつ、他人を助けること」の3つだそうです。

このような状況で働いた加登伶さんは食事ができない、眠れないなどの症状が重なり、起き上がれなくなってしまいます。

その後欠勤を繰り返すようになりますが、欠勤をするたびに周りの同期や上司そして講師の方に迷惑をかけてしまうと考え、退社を選択されたそうです。

3、加登伶の発達障害について

加登伶さんは、主に自身のYoutubeで自身の発達障害との向き合い方や体験談をお話しされています。具体的にどんな発達障害を持っているのか、どのようにして発達障害だと診断されたのかについては、過去の動画で説明しています。

こちらが、発達障害と診断された経緯についてお話しされている動画です。

加登伶さんは、「双極性障害Ⅱ型」と「アスペルガー症候群」という発達障害の一種を患っているそうです。

「双極性障害Ⅱ型」については、こちらのサイトに詳しく記載があります。

ハートクリニック|こころのはなし
こころの病気の話

このサイトによると、以下引用文です。

双極Ⅱ型障害は、軽躁病と抑うつを繰り返す障害です。軽躁病が少なくとも4日間持続し、抑うつも少なくとも2週間持続し、それぞれの期間内はほぼ毎日、終日症状が現れている場合に、双極Ⅱ型障害と診断されます。慢性化しやすく、軽躁病よりうつ病の期間が長く、重症になる傾向があります。この障害は衝動性が高いことが特徴

ハートクリニック

とされています。加登伶さんは、17歳の時にこの発達障害であることを診断されています。

また、「アスペルガー症候群」については、こちらのサイトに詳しく記載があります。

アスペルガー症候群(自閉スペクトラム症)|ふせき心療クリニック 心療内科 精神科 児童精神科 埼玉県 さいたま市 さいたま新都心
さいたま市 さいたま新都心駅より徒歩2分のふせき心療クリニックです。気分が沈む・眠れない・憂うつなど、心の不調でお困りの際にはお気軽にご相談ください。

このサイトによると、以下引用文です。

アスペルガー症候群は発達障がいの一つで、社会性・コミュニケーション・想像力・共感性・イメージすることの障がい、こだわりの強さ、感覚の過敏などを特徴とする、自閉症スペクトラム障がいのうち、知能や言語の遅れがないもの

ふせき心療クリニック

とされています。こちらは、大学4年生の初めの頃に診断されています。

加登伶さんは、自身のYoutubeチャンネルで発達障害のことを発信し、同じように困っている人や、生きづらさを感じている人に対して、少しでも役に立ちたいと考えているようです。

4、加登伶の家族

家族については過去の動画でお話しされています。

こちらの動画の0:54〜から家族構成について説明しています。

 加登伶さんの家族構成は父・母・兄の四人家族です。さらに詳しく調べましたが、加登伶さん以外のご家族はSNSなどを利用されていないのか、情報が一切ありませんでした。

しかし、加登伶さんはこの動画で「お金に不自由はしていなかった」「両親がお金で揉めていたところは見たことがない」「欲しいものはなんでも買ってくれた」と発言されているので、裕福な家庭で育ったのだろうと推測できます。

5、加登伶の現在の仕事

加登伶さんの現在の仕事については、自身のTwitterのプロフィール欄に記載されています。

こちらが加登伶さんのTwitterのプロフィールです。

https://twitter.com/KatoRei0523?s=20&t=ijE2u_QV7HDfblujHmU_Qw

現在はコンテンツ制作の仕事を不定期でされているようです。また加登伶という名前で検索をすると、スケッターという企業のインタビュー記事が出てきます。このことから、加登伶さんはスケッターという企業の専属ライターもされているのではないかと推測できます。

こちらが、加登伶さんが執筆されているインタビュー記事の一部です。

“人材系”サービスなのにスケッターが紹介手数料をとらない理由【ライター:加登伶】|スケッター運営事務局|note
 介護業界の人手不足問題を解決するため、Sketterは業界内外の人に向けて無資格・未経験でもできる仕事を切り出し、Webサイトに掲載しています。  これだけを見ると「Sketterは介護人材を紹介するサービス」だと思われる方もいらっしゃるでしょう。  ところが実際、Sketterは「人材」を「紹介」するサービス...
緊急事態宣言発令中、マスクを10万枚集めた介護ベンチャー【ライター:加登伶】|スケッター運営事務局|note
2020年2月、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、マスク需要が急拡大。 不安感から全国各地でマスクは買い占められ、医療・介護現場など、マスクが必須の施設ですら確保が難しい状況になりました。 一部民間企業は、確保したマスクを従業員に配布。それでも感染拡大に歯止めがかからず、3月になると事業をテレワークに切り換える企...

しかし最後の更新が2021年2月で止まっているので、現在もされているかは不明です。

6、まとめ

いかがでしたでしょうか、ここまでの情報をまとめてみます。

  • 1992年5月23日生まれ、2022年7月現在は30歳
  • 出身地は石川県加茂市
  • 卒業した大学はMARCHのどこか
  • 17歳の時に「双極性障害Ⅱ型」、大学4年生の時に「アスペルガー症候群」と診断された
  • 大学卒業後にソフトウェア開発の企業に就職
  • 入社後1ヶ月で退社し、現在はコンテンツ制作とライターの仕事をされている
  • 家族構成は「父・母・兄」の四人家族

一般的には目に見えない発達障害について知ったり、触れたりする機会は少ないのではないでしょうか。加登伶さんの動画を見て、そういう発達障害の存在や、どんな症状が出るのかについて初めて知る方も多くいると思います。

様々な経験をされてきた加登伶さんだからこそ、話の内容には説得力があります。今は多くの調べる手段があり、生き方を選べる時代です。同じように悩んでいる方は、ぜひ加登伶さんの動画を見てみて参考にしてください。

以上、【 加登伶の出身やwikiプロフ!大学と経歴&家族や仕事も調査!】でした。

                  by 女性ライター maki

タイトルとURLをコピーしました