豆柴福ちゃん富くんの飼い主のwikiプロフ!ママとパパの仕事も調査

豆柴福ちゃん富くん人気YouTuber 達
引用元:YouTubeチャンネル_豆柴福ちゃん富くんFuku and Tom

現在、可愛いと話題を集めている柴犬姉弟のYoutubeチャンネル「豆柴福ちゃん富くんFuku and Tom」をご存知ですか?

豆柴の福ちゃん富くんの生活に密着した動画を多く投稿しており、2019年3月10日の動画初投稿から約2年弱で、Youtubeチャンネル登録者数14万人を超える、今話題のわんちゃんたちなんです。

今回は、たくさんの癒しを発信してくれる豆柴福ちゃん福くんについて、また福ちゃん富くんの飼い主のwikiプロフィールや仕事について調査しました。

YouTubeチャンネルの収益額も試算してみたので、ぜひ、最後までご覧ください。

豆柴福ちゃん富くんについて

まずは飼い主の前に、主人公の二匹についてまとめてみます。

豆柴福ちゃんについて

豆柴福ちゃんについて調査しました。

以下、福ちゃんの写真です。

  • 名前:福ちゃん(ふくちゃん)
  • 生年月日:2018年12月20日
  • 年齢:2歳(2021年11月現在)
  • 性別:メス
  • 出生地:鹿児島県
  • 性格:素直で真っ直ぐ、好奇心旺盛
  • 特技:撃たれたフリ、伏せ など

福ちゃんは赤いリードが目印のようですね。もうすぐ3歳になる歳ということで、まだまだはしゃぎたい盛りなのではないかなと思います。

性格は素直、真っ直ぐ、好奇心旺盛だそうですが、メスということもあってか、少し神経質で臆病な面も持ち合わせているようです。しかし、動画やSNSでは伸び伸びとした姿を見せてくれているので、パパ・ママからたくさんの愛情を注がれて過ごせているのかなと思いました。

豆柴富くんについて

次に、豆柴富くんについて調査しました。

以下、富くんの写真です。

  • 名前:富くん(とむくん)
  • 生年月日:2020年1月13日
  • 年齢:1歳(2021年11月現在)
  • 性別:オス
  • 出生地:福岡県
  • 性格:やんちゃ
  • 苦手なこと:シャンプー

富くんは緑のリードが目印のようです。オスということと、まだまだ若いということも相まって、性格はやんちゃのようです。動画を拝見していると、弟気質を持ち合わせているなと感じる場面が多く見られます。

また、気に入ったおもちゃがあると、徹底的に遊ぶそうで、すぐにおもちゃを壊してしまうのだそうです。

年齢的には富くんの方が1歳年下になりますが、体の大きさは富くんの方が大きいです。そんなところも、オスらしくて可愛いですね。

以上が、二匹のプロフィールになります。名前の福ちゃん・富くんの由来も調査しましたが、こちらは信憑性のある情報を見つけることはできませんでした。由来は分かりませんでしたが、日本犬らしい可愛い名前ですよね。

豆柴福ちゃん富くんの飼い主のwikiプロフィール

次は飼い主のママと、パパについてまとめてみます。

豆柴福ちゃん富くんのママについて

まずは、福ちゃん富くんのママについて調査しました。

  • 本名:非公開
  • 生年月日:1993年7月生まれ
  • 年齢:28歳(2021年11月現在)
  • 身長:162センチ
  • 体重:非公開
  • 出身地:愛知県
  • 趣味:食べること
  • 特技:卓球

残念ながら、本名は公開していませんでした。しかし、ママのお母様がインスタグラムを開設しており、登録名が「長谷川優子」となっているので、旧姓は長谷川さんだった可能性が高いです。

1993年7月生まれの、現在28歳ということで、まだお若いようです。何日生まれかは、調査しても分かりませんでした。

また、ママは愛知県出身のようです。動画を拝見していると、ところどころで愛知県の方言が出ていました。しかし、愛知県のどこ出身なのかは公開していないようです。

特技は、食べることだと動画内で話しています。また、学生時代は卓球部だったようで、卓球が得意なのだそう。

動物が大好きで、以前はハムスターも飼われていたのだそうです。動画内のママの言動の節々から、動物への愛を感じることができます。

 豆柴福ちゃん富くんのパパについて

次に、福ちゃん富くんのパパについて調査しました。

  • 本名:非公開(だいちゃん)
  • 生年月日:非公開
  • 年齢:非公開
  • 身長:非公開
  • 体重:非公開
  • 出身地:福岡県
  • 趣味:体を動かすこと
  • 特技:ギター、歌

こちらも残念ながら、ほとんどの情報を公開していないようで、本名、生年月日、身長体重ともに非公開となっていました。しかし、動画内でママがパパのことを「だいちゃん」と読んでいたので、「だい」というお名前が入っている可能性が高いと思われます。

動画内での言動や話し方から落ち着いている印象が強いので、年齢はママよりも年上なのではないかと推測しました。

また、動画内で福岡県の方言が出ていることからパパは福岡県出身、または福岡県育ちということが分かります。しかし、こちらも福岡県のどこ出身なのかは、詳しく調査しても分かりませんでした。

趣味は体を動かすことだそうで、動画内でも福ちゃん富くんと全力で走っている姿が見られます。また、昔はボクシングをしていたようで、マラソンや、ランニングにも力を入れていたんだそうです。

特技はギターと歌です。パパのインスタグラムのアカウントで時々行われているインスタライブで歌声を披露されたことがあるのですが、パパのハイトーンボイスがとても綺麗でした。ギターを使った弾き語りも、いつか見てみたいですね。

豆柴福ちゃん富くんの飼い主の仕事はなに

次は飼い主の、ママとパパの仕事についてです。

豆柴福ちゃん富くんのママの仕事について

まずは、豆柴福ちゃん富くんのママの職業について調査しました。

ママは現在、専業主婦をしています。

また、福ちゃん富くんのしつけや世話も、基本的にはママが行っているようです。確かに、犬が二匹もいると、なかなか外に出て仕事をするのは難しいかもしれませんね。

豆柴福ちゃん福くんのYoutubeチャンネルもママが運営しており、動画の編集・投稿もママが行っています。そんなママの、YouTuberとしての収益額はどの位になるのでしょうか、試算してみました。

YouTuberの収益は、動画の再生回数で一概に計算できるものではないので、正確に算出することはほぼ不可能です。

その事の詳しいことは、このサイトの別記事「2020検証ヒカルの年収10億円は本当?まえすとの関係は!」で詳しく解説していますので、そちらをご覧ください。

それでも大まかに、どの位のレベルなのか概算程度なら、動画の再生回数で算出できます。以下その計算ですが、まず基礎データは次のとおりです。
⦁ 2021年11月現在(ランキングサイトデータ概算)
⦁ チャンネル登録者数 約14万人
⦁ 動画再生回数 累計8200万回(2019/03 ~ 2021/11)
⦁ 動画数 480本
広告単価はYouTuberによってそれぞれ異なっており、1PVあたりの広告単価が0.1円未満から、トップクラスで0.5以上とかなりバラツキがあるようです。

ですからここでは最小と最大の二通り、しかも平均額ですが算出してみます。
⦁ 1PVあたりの広告単価が0.1円の場合
⦁ 0.1円×8200万回÷32ヵ月=256,259(月額約25万円)
⦁ 1PVあたりの広告単価が0.5円の場合
⦁ 0.5円×8200万回÷32ヵ月=1281250(月額約128万円)

以上ですが、この結果を見る限り、最低でも普通に勤める程度以上には収益がありそうですね。

豆柴福ちゃん富くんのパパの仕事について

次に、豆柴福ちゃん富くんのパパの仕事について調査しました。

パパは現在、フリーランスという形で働いています。仕事の内容については、非公開でしたが、通勤の際はスーツを着て出かけているようです。

また、お二人が結婚された当時は大阪に住んでいたようですが、大阪→福岡→札幌→福岡と活動拠点を点々としています。転勤族ではないそうですが、パパの働きやすい環境に合わせて引っ越されているようです。

パパの年収についても調査しましたが、残念ながらこちらも非公開でした。仕事内容や年収についてはプライベートのことなので、非公開で当然かもしれませんね。しかし、ファンからはパパの仕事について聞かれることも多いようです。いつか、パパの仕事についても話してくれるといいですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか、ここまでの情報をまとめてみます。

  • 福ちゃんは現在2歳のメス
  • 富くんは現在1歳のオス
  • ママは現在28歳、愛知県出身で、専業主婦
  • パパの年齢は非公開、福岡県出身で、フリーランスという形で働いている
  • Youtubeチャンネルの運営や、動画の編集はママが行っている
  • Youtubeチャンネルの推定収益は、最低でも普通に勤める程度以上にはある

豆柴福ちゃん富くんの日常と、パパ・ママの二匹に対する愛情がとても感じられるYoutubeチャンネル、「豆柴福ちゃん富くんFuku and Tom」。その伸び伸びした福ちゃんと富くんの姿に、どんどん惹かれていってしまいます。

最近疲れが溜まっている人や、動物を飼いたいけど飼えない人にぜひ見てほしいYoutubeチャンネルです。きっと、たくさんの癒しと幸福感を届けてくれると思います。

以上、「豆柴福ちゃん富くんの飼い主のwikiプロフ!ママとパパの仕事も調査」でした。

                  by 女性ライター maki

タイトルとURLをコピーしました