ものづくり太郎は何者?wikiプロフや学歴&経歴と仕事、家族も調査!

ものづくり太郎人気上昇YouTuber
引用元:YouTubeチャンネル_ものづくり太郎チャンネル

ものづくり太郎さんという方をご存じでしょうか。製造業の魅力を解説そして発信している、今人気のYouTuberです。

製造業系YouTuberという非常にコアな立ち位置ながら、現在チャンネル登録者数は16万人を超え、コラボ希望の企業も後を絶たないほどの人気です。

今回は、そんなものづくり太郎さんとは何者なのか調べてみました。学歴や経歴、家族、仕事などについてwikiプロフ風にご紹介しますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

1、ものづくり太郎は何者?wikiプロフ

ものづくり太郎さんとはいったい何者なのか、まずは基本情報をwikiプロフ風にご紹介します。

年齢についてはこちらの動画で公表されていました。

上の動画の0:36あたりで年齢を公表されています。これは2021年の動画なので、今年33歳ということになりますね。製造業についてとても詳しいので40代以上かと思っていましたが、まだ30代前半なのですね。

また、こちらの動画の概要欄をご覧ください。

80年代生まれという情報があります。年齢から計算すると、89年生まれではないかと思われます。

また、こちらの動画では、自転車が趣味だとおっしゃっています(ロードレースに使うような本格的な自転車かと思われます)。実はものづくりにハマるきっかけにも自転車があったようです。後ほど詳しくご紹介しますね。

2、ものづくり太郎の経歴・仕事

ものづくり太郎さんの経歴や仕事についてご紹介します。

2-1、ものづくりが好きになったきっかけ

まずは、ものづくり太郎さんがものづくりの魅力にハマったきっかけについて、こちらの動画でお話しされていました。

上の動画の1:56あたりをご覧ください。ものづくり太郎さんは自転車が趣味で、フランスに滞在していた期間があるのだそうです。

フランスといえば「ツール・ド・フランス」などの世界的に有名な自転車ロードレースがあるなど、自転車競技が盛んですよね。

そのとき、フランスで日本について聞くことと言えば「トヨタ」「日産」「Panasonic」という、ものづくり企業のことばかりだったそうです。このような経験から日本の製造業のすごさを再確認し、製造業に関わる分野で就活をしようと思ったそうです。

ちなみに、動画の3:11あたりを見ていただくと、フランスに滞在されていたのは大学時代のようですね。留学という形だったのか、休学したのか、それとも現地の大学に入学したのかはわかりませんでした。

2-2、2012年、民間の商品認証機関に就職

フランス滞在で日本の製造業の魅力を知ったものづくり太郎さんは、ものづくり分野の会社に就職されました。こちらの動画をご覧ください。

上の動画の0:37あたりを見ていただくと、2012年に民間の商品認証機関に就職されたそうです。

商品認証機関というのは、家電製品などが市場に出る前に、その安全性などをチェックする専門機関のことだそうです。こういった会社があること自体、筆者は初めて知りました。

また、このことについてはこちらの動画でもお話しされています。

営業として採用されましたが、技術の方も学んで置いた方が後々営業に役に立つということで、最初の4か月は製品の分解などを主にやっていたそうです。そこで機械の構造についての知見を身につけられたようですね。

その後営業としての仕事を開始されると、持ち前の愚直さで仕事に取り組むうちに、営業成績もどんどん上がっていったそうです。社員の平均受注金額が月800万円ほどという中、ものづくり太郎さんは1200万円ほどあったそうですよ。

そして2015年、ある日社長が「3カ月連続で2000万円の受注を取れたら、R-35のGTR(日産の高級車)を買ってやる」と言ったのだそうです。この言葉に奮起したものづくり太郎さんは、1カ月で1億2000万円の受注を取ってきたのだそうです。

しかし、社長はそもそも絶対に無理だと高(たか)を括(くく)っていたようで、結局何だかんだと理由を付けて車は買ってもらえなかったようですね。それに怒ったものづくり太郎さんは会社を退職してしまったのだそうです。何ともドラマのような話ですね。

2-3、2015年「ミスミ」に転職

その後2015年、製造業向けの部品などを扱う商社である「ミスミ」に入社されました。ミスミでは、商品の企画や販売戦略などのノウハウをものすごく学べたとのことでした。また、現在動画で発揮されているプレゼン力などもミスミで学んだそうですよ。

しかしミスミでの仕事は非常にハードで、YouTubeなどの副業との両立が難しくなってきたようで、2019年に転職をされました。思い切った決断ですが、結果的にそれで大成功しているのだから本当にすごいですよね。

2-4、2019年、大手電機メーカーの子会社に転職

そして、2019年から現在も勤務されているのが、大手電機メーカーの子会社だそうです。現在はここで働きながら、YouTuberとしても活動されているわけですね。

動画によると、大手電機8社のグループ会社とのことでした。調べてみると、大手電機8社とは「パナソニック」「シャープ」「日立製作所」「東芝」「三菱電機」「 ソニー」「富士通」「NEC」のことだそうです。どれも一流企業ですね。

3、ものづくり太郎の学歴

ものづくり太郎さんの学歴について、大学名などの詳しい情報は見つかりませんでした。こちらの動画をご覧いただくと、大学までは進学されているようです。

上の動画の3:11あたりを見ていただくと、大学時代にフランスに滞在されていたとのことです。また、先述しましたが23歳になる歳の2012年に就職をしたとのことですし、おそらく最終学歴は大卒だと思います。

4、ものづくり太郎の家族

ものづくり太郎さんの家族についても調べてみました。ものづくり太郎さんには、奥さんと娘さんがいらっしゃいます。こちらの動画をご覧ください。

こちらの動画の22:28あたりをご覧ください。こちらの動画が2021年1月頃に公開されたものなので、現在娘さんは5歳くらいかと思われます。とっても溺愛されているようですね。意外な一面でした。

5、まとめ

いかがでしょうか、ここまでの内容をまとめてみましょう。

  • ものづくり太郎は製造業の情報を発信するYouTuber。年齢は33歳(2022年)。生年月日は1989年と思われる(日付は不明)。
  • 大学時代、自転車が趣味でフランスに滞在していた際、日本の製造業のすごさを認識し、製造業に興味を持った。
  • 2012年に商品認証機関に就職。その後2015年に「ミスミ」に、2019年に大手電気メーカーの子会社に転職した。
  • 現在は大手電気メーカーの子会社で働きながら、YouTuberとしても活動している。
  • 最終学歴は大卒と思われる。大学名は不明。
  • 妻と娘がいる

マニアックな話をすらすらと話し、ちょっと近寄りがたい感じもするものづくり太郎さんですが、小さな娘さんがいらっしゃるなど、意外な一面も見られてより親近感が沸きました。これからのご活躍も応援しています。

以上「ものづくり太郎は何者?wikiプロフや学歴&経歴と仕事、家族も調査!」でした。

5-1、補足:女性アシスタント「千葉ちゃん」

ものづくり太郎チャンネルには千葉さんという女性アシスタントがいらっしゃいます。こちらの動画をご覧ください。

上の動画の3:30あたりから紹介されていますよ。仙台出身の製造業未経験者だそうです。千葉さんの力を借りて女性目線を取り入れていこうということだそうです。今後も展開が楽しみですね。

by 女性ライター miii42

タイトルとURLをコピーしました