りんの田舎暮らしは何者、wikiプロフは?出身や学歴と経歴も調査!

りん人気YouTuber 達
りん   引用元:YouTubeチャンネル_りんの田舎暮らし

「りんの田舎暮らし」というYouTubeチャンネルをご存じでしょうか。20代の女性、りんさんが、北海道の鶴居村という田舎の村に移住し、古民家でひとり暮らしをしている様子を綴られたVlogです。

「田舎」「移住」「古民家」というと、素朴だけど丁寧で豊かな暮らしをイメージされると思いますが、りんさんの生活は少しテイストが違います。「華奢な女の子の極貧生活」というイメージ。りんさんのはかなげな外見が、何とも言えずマッチしています。

そんな一風変わったチャンネル、「りんの田舎暮らし」。りんさんとは、一体何者なのでしょうか。今回は、りんさんのwikiプロフ、出身、学歴、経歴などを調査しました。

現在の極貧生活に至る経緯などもご紹介しますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

「りんの田舎暮らし」は何者?出身、学歴などwikiプロフ

「りんの田舎暮らし」のりんさんとは、一体何者なのでしょう。早速、りんさんの基本情報についてwikiプロフ風にご紹介します。

  • 名前:りん
  • 本名:非公開
  • 出身:愛知県名古屋市
  • 住所:北海道阿寒郡鶴居村
  • 年齢:22歳~23歳
  • 学歴:大卒
  • 職業:YouTuber アルバイト(釣り堀)
  • 趣味:カメラ
  • 前職:脱毛美容サロン経営

現在、北海道阿寒郡鶴居村という所にお住まいというりんさん。鶴居村は、釧路湿原に囲まれた、道東にある自然豊かな村です。動画内でも、自然豊かな様子がとても伝わってきます。

りんさんが北海道に移住されたのは、2020年の冬。それまでは、どこでどのような生活をされていたのでしょうか。りんさんの経歴について、さらに詳しくご紹介していきます。

極貧生活に至るまでの経歴

りんさんは愛知県名古屋市のご出身だそうです。こちらの動画内で、北海道に移住するようになるまでの経緯についてまとめてくださっています。

1:42あたりから、移住の経緯を時系列に沿って説明されています。内容を私なりに抜粋してみました。

大学卒業を前にお店を開業

大学卒業を目前とした2020年冬。美容サロンのお店を開業されます。2.5階建ての建物で、ロフト部分を居住空間にする想定だったそうです。そのため、学生時代に住んでいたアパートも、このタイミングで引き払ったとのことでした。

コロナショックにより廃業

2020年2月にオープン予定だったのですが、ちょうどこのころはコロナウイルスで世界が大混乱を始めたころ。サロンに必要な機器なども、ローンを組んで購入して準備万端だったにも関わらず、お店の運営を諦めることになったそうです。

りんさんは、大学時代からアルバイトに励み開業資金を貯めてきたのだそう。そのような準備が、全て泡と消えました。また、お店の廃業は両親にも内緒だったそうです。

あまり多くを語られないりんさん。このころの心境も、あまり詳しくは話していらっしゃいません。ですが、自立心が強いがゆえ、両親にも頼れなかったのでしょうね。

両親と不仲というわけでも無さそうで、動画内ではお母さんと電話で話していらっしゃる様子なども映っていますよ。ちなみに、現在は廃業についても両親もご存じとのことです。

店の廃業と共に車上生活に

お店の一部を居住空間としていたため、廃業すると住む場所も無くなってしまいました。このころ、リースの社用車と、月2万円ほどで借りていた駐車スペースは残っていたので、車中泊でしのいでいたそうです。

お金を稼ごうにも、住所不定の人間を雇ってくれるところはなかなかありません。ローンの整理や生活費のために持ち物をお金に変える日々。そんな中で、「どこか遠くでやり直したい」と思うようになったそうです。

そこで思い立ち、上高地を訪れました。上高地の自然を満喫しながら、「自然の豊かなところで暮らしたい」と再確認したそうです。

しかし、上高地というと、リゾート地。移住先の選択肢としてはいまひとつでした。そこで、雰囲気の似た北海道への移住を考えたようです。

北海道へ移住

一度も北海道へ行ったことが無かったというりんさん。なんと、北海道で活躍するYouTuberやインスタグラマーなどのインフルエンサーの方々にDMを送りまくって、住まいや仕事、狩猟の師匠まで紹介してもらったのだそうです。

ものすごい行動力ですよね。新卒ですぐ起業するくらいですし、元々ものすごく思い切りの良い方なのかもしれません。外見や声は大人しめでかわいらしいのに・・・そのギャップがまた魅力ですね。

その甲斐あってか、りんさんは、鶴居村役場の方々から全面的にバックアップされ、北海道への移住生活を始められました。こちらの動画をご覧ください。

3:08あたりでは、鶴居村の副村長さんとお話しされているりんさんの様子が分かります。村役場でのイベントなどにも参加され、鶴居村の皆さんに応援されているのがとても伝わってきますね。

北海道で家賃7000円の古民家暮らし

りんさんが現在お住まいのお家は、家賃7000円という古民家です。こちらは家の様子の分かる動画です。

動画の冒頭に登場するストーブは、さすが北海道仕様。これ一台で家じゅうが暖かいそうです。また、家から10分の場所には小川があり、そこには村民のための水汲み場もあるようです。りんさんはそこで汲んだ天然水を飲用として使っているそうです。

北海道の天然水。とてもおいしそうですね。

冷蔵庫も無い古民家生活

北海道での暮らしは、洗濯機も冷蔵庫もありません。冬場は、冷蔵庫代わりに庭先に氷室を作り、生ものはそこで保管していたそうです。また、洗濯は洗濯板でやっているとのこと。考えられない生活ですね。

不自由な生活ですが、色々と工夫しながら楽しそうに暮らしていらっしゃいます。こちらの動画では、干し肉などを作るために乾燥機を作ったことが紹介されています。

7:16あたりでは、実際に作った干し肉を試食されています。見た目からおいしそうですね。こちらの動画は、サウナを作った様子です。

11:40あたりでは、サウナから出て庭先で外気浴されている様子が何とも気持ちよさそうですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。ここまでの内容をまとめてみます。

  • りんの田舎暮らしの基本プロフィールはこちら
    • 名前:りん
    • 本名:非公開
    • 出身:愛知県名古屋市
    • 住所:北海道阿寒郡鶴居村
    • 年齢:22歳~23歳
    • 学歴:大卒
    • 職業:YouTuber アルバイト(釣り堀)
    • 趣味:カメラ
    • 前職:脱毛美容サロン経営
  • 大学卒業と同時に22歳で起業、脱毛系の美容サロンをオープンする予定だった。
  • オープン直前にコロナウイルスの流行。お店を維持することが難しく、経営を断念。
  • どこか遠くでやり直したいと思い、移住を決意。
  • 北海道の鶴居村へ移住し、田舎暮らしを始める。
  • 現在住む古民家は家賃月7000円で、冷蔵庫や洗濯機も無い暮らし。

廃業、移住と、まるでジェットコースターのような人生を送って来られたりんさんですが、現在は北海道で充実した生活を送っておられるようです。

季節も巡り、北海道での生活にも慣れて来られ、今後はどんな暮らしを展開していかれるのでしょう。これからも楽しみです。

以上、「りんの田舎暮らしは何者、wikiプロフは?出身や学歴と経歴も調査!」でした。

補足

YouTubeでの初めての収入は、鶴居村への恩返しになることに使いたいと、ヤマメの稚魚の放流に充てられたそうです。こちらがそのときのInstagramの投稿です。

元気そうなヤマメがたくさん。大きく育ってくれますように。地元の皆さんにも愛されながら生活されているのが伝わってくる投稿ですね。

          by 女性ライター miii42

タイトルとURLをコピーしました