藤森慎吾YouTubeと歌!中田敦彦と出会いでお笑い芸人toボーカリストに

藤森慎吾エンタメ
藤森慎吾    引用元:YouTubeチャンネル_藤森慎吾

今はマルチタレントとして多方面で活躍している藤森慎吾さん、1983年3月生まれで、もう今年で38歳を超えました。

最近のYouTubeファンの若い世代の方には、お笑い芸人として活躍していた頃の藤森慎吾さんを知らない読者も多くなったのではと思います。

私もその一人で、この機会に過去を調査、その結果を記事で紹介したいと思いまとめました。

このサイトにある関連記事もリンクしてありますのでかなりの情報量になると思います。詳しく知りたい方はご利用ください。

藤森慎吾のYouTubeと歌の関係

藤森慎吾のYouTubeは、自分のやりたい事だけを皆さんに見て頂きながら一緒に楽しんでいけたらいいなと言う思いで、YouTubeチャンネルを開設したそうです。

そして今後このチャンネルでやっていきたいこと、ということで次のように語っています。

まず最初に歌ってみたい、そしてサウナに入りたい、田舎に行きたい(長野出身で田舎が非常に好きらしい)、畑も作りたい、田舎にサウナを作りたい、あとカッコつけたいなどなど夢を語っています。

まとめるとこのチャンネルゆくゆくどうなっていくかというと、どこか私が田舎に行ってそこに土地を買い、そこに自分だけのサウナを作り畑も作ってそこでめちゃくちゃカッコつけて、黄昏たり歌を歌うというような番組にしたいらしいです。

本当に自分のやりたい事好きな事だけを皆さんと共有していけたらなと思っていますとも言っています。

という事で早速ですが一回目はもうズバリ歌っています。Pretender – official髭男dism / 藤森慎吾が歌ってみた【祝!YouTube開設】らしいです。

「これを歌って景気よくこのチャンネルのスタートを切りたいと思います」ということで、2020/02/03 にYouTube登録しています。

そんなこんなで藤森慎吾さん、自分のYouTubeチャンネルでバンバン歌っています。

「土地を買ってサウナ」と言うのはどうなったか

そして今現在2021/07/20どうなったかですが、もちろん歌は「歌ってみた」シリーズでどんどん歌っているのはもちろん、ほかも凄いです。公約通りどんどん実行実現、行動して計画を進めています。

もう動画を先に見ちゃいましょう説明よりも「一見は百聞にしかず」です。その動画次です。

凄いですね、その行動力さすがです。雪の土地の上でサウナですか。私はサウナの経験がないですから、ただ感心するばかりです。

しかも、湧き水の冷水に浸かるという・・・、信じられませんね、サウナってそうなんですか、私にはできません。

そして、今後の計画を動画の中でいろいろと語っています。本当に夢いっぱいで、藤森慎吾さんって自由人ですね。

この実際に買った山のことは私の別の記事で詳しく紹介しています。その記事が下の案内にあるものです。

藤森慎吾が買った山の場所は!別荘を建てるの?自宅マンションはどこ

その記事の中で計画の運営をどのようにやっていくのか、オンラインコミニティ「FILLLAGE」のことも紹介していますのでご覧ください。

藤森慎吾さんの芸人デビューの話

藤森慎吾さんは1983年3月生まれで、もう今年で38歳を超えました。

今はマルチタレントとして多方面で活躍していますが、YouTubeファンの若い世代の方には、お笑い芸人として活躍していた頃の藤森慎吾さんを知らない読者も多くなったのではと思います。

どこかの機会に一度芸人デビューの頃のいきさつからの経歴を解説したいと思っていたのでこの記事のここで解説したいと思います。

中田敦彦(あっちゃん)と出会いお笑い芸人に

藤森慎吾さんは1983年3月17日長野県諏訪市生まれ。身長169cmです。2003年の明治大学在学中に、運命の人慶応義塾大学在学の中田敦彦さん(1982年9月27日生)と、アルバイト先で出会う事になります。

経歴

その頃いろんなことがうまくいってなかった中田敦彦さんの人生に多大な影響を与えた藤森慎吾さんとの出会いの秘話をつぎの動画で解説しています。

はじめの一歩がいまここにあるという感じですね。その反面、藤森慎吾さんはどう思っていたのかという事ですが、次のように語っています。

バイト先で出会った中田敦彦さんがすごく面白い人だったので、一緒にやっていったらすごい楽しいだろうなと思っていたそうです。

そして当時の自分自身のことを言うには、すごくミーハーで、単純に芸能界への憧れとテレビに出たいという気持ちを強く持っている状態だったと言っています。

中田敦彦さんと出会うまではお笑いの知識がまったくなくて、初めて見たあっちゃんの漫才動画がおもしろすぎて、これは芸能界に入る一番の近道はあっちゃんとお笑いをやるしかないなと、めちゃくちゃ軽いノリだったそうです。

2003年8月1日に2度断られ、3度目の誘いで「オリエンタルラジオ」を結成。2004年に吉本総合芸能学院 (NSC) 東京校10期生として入学しました。

吉本総合芸能学院在籍中いきなりブレイク

藤森慎吾さんは2005年3月、明治大学政治経済学部を卒業。「オリエンタルラジオ」としての活動を本格的に始めることになります。

2004年のM-1グランプリで吉本総合芸能学院 (NSC) 東京校1在籍中ながら準決勝に進出をはたすことになります。そしてリズムネタ「武勇伝」で話題をさらい、ブレイク、一躍注目を浴びました。

その話題の「武勇伝」が次の動画です。

もう17年も以前のもので、さすがに若い二人ですが今見ても充分楽しめますね。その後は普通の掛け合い漫才に尽力していました。

「チャラ男キャラ」で再ブレイク

2011年、藤森慎吾さんは「チャラ男キャラ」で再ブレイクをはたし、決めゼリフ「君かわうぃーね!」は同年の流行語大賞にノミネートされました。この「チャラ男キャラ」は、『笑っていいとも!』レギュラー出演時代に、タモリさんからふと言われたことから誕生したそうです。

タモさんから『お前って何にも考えていないんだな、チャラいんだよ。もともとそういう人間だろう、それだったらもっと表に出せ』と言っていただいて、やれることをやろうと思った時に、タモリさんの言葉がすごく後押しになったと言っています。

そして次のようにも言っています。

「すべての行動がエンタメになれば良いのではないかと思うから、センスある芸人だと思われる生き方は無理だなとわかり、芸だけでスタイリッシュにいこうとするのは諦めた」

とのことですが、その吹っ切れ方が良かったのでしょうね。

だから、藤森というコンテンツを最大限に楽しんでもらうように変えてみたら、すごく楽でした。と言っています。なるほど今現在の藤森慎吾さんの活動スタイルが何となく理解できる話でした。

8年間の集大成

デビューしてから8年後の漫才が次の動画です。どれほど成熟したかというところですが、私の好きな作品でもあり何回も観ています。

今観ても十分に満足できおもしろいです。完成度は高いと思います。

ダンス&ボーカルグループ・RADIO FISHを結成

そして2014年に相方の中田敦彦さんらと共にダンス&ボーカルグループ「RADIO FISH」を結成。グループではメインボーカルや作詞を担当して活躍している。

作詞までこなすって、どれだけ才能を秘めているのかという感じですね。

次の動画は偶然に見かけたものでいつの出演か分かりませんが画面の左下に「武勇伝2015ver.」とあります。いろんな要素が含まれていて気になりましたのでアップします。

この動画の最後にグループが出てきて踊りを披露、そして藤森慎吾さんが「今こういう事をやっています」と言ったのもおもしろいヒントでダンス&ボーカルグループの本格的デビュー前かなとも思います。

いよいよ2016年には楽曲「PERFECT HUMAN」が爆発的ヒットし、年末には第67回NHK紅白歌合戦にも出場を果たしています。そのヒット曲が次の動画です。

この動画いま観てもいいですね、飽きないです。次の動画をもう一曲どうぞ。

何回か観ていますが、古さを感じさせない何かがあります。

そして、「PERFECT HUMAN」のヒット以降、バラエティ番組のほか、テレビドラマ、映画、ミュージカルなど俳優としても活躍しています。

さらにそれ以降については記事の前半でも紹介した通り、2020年「藤森慎吾のYouTubeチャンネル」の配信をスタートし、さらにオンラインサロン「FILLLLAGE」も開設するなど、マルチな活動を展開しています。

本人いわく「あっちゃん」に見習ったと言っていますが、行動力と努力がすごいです。

まとめ

以上いかがでしたか。当初の目標がただ単純に芸能界に憧れて飛び込んだと本人は語っていました。

しかし、好きでお笑い芸人を選んだわけではないのですが、そうとは思えない多彩な才能に驚きます。以下、まとめです。

  • 自分のやりたい事だけを皆さんに見て頂きながら一緒に楽しんでいけたらいいなと言う思いで、YouTubeチャンネルを開設した
  • YouTubeチャンネルでは歌ってみたい、サウナに入りたい、田舎に行きたい、畑も作りたい、田舎にサウナを作りたい、などなど夢を語っています
  • 2003年の明治大学在学中に、運命の人慶応義塾大学在学の中田敦彦さん(1982年9月27日生)と、アルバイト先で出会う事になります
  • 2004年のM-1グランプリで吉本総合芸能学院 (NSC) 東京校1在籍中ながら準決勝に進出をはたし、リズムネタ「武勇伝」でブレイク、一躍注目を浴びる
  • そして2014年に中田敦彦さんらと共にダンス&ボーカルグループ「RADIO FISH」を結成
  • 2016年には楽曲「PERFECT HUMAN」が爆発的ヒットし、年末には第67回NHK紅白歌合戦にも出場を果たす
  • 「PERFECT HUMAN」のヒット以降、バラエティ番組のほか、テレビドラマ、映画、ミュージカルなど俳優としても活躍
  • さらにそれ以降、2020年「藤森慎吾のYouTubeチャンネル」の配信をスタート、さらにオンラインサロン「FILLLLAGE」も開設するなど、マルチな活動を展開している

本人も周囲もデビューしたころには、将来ここまで伸びる芸人になるとはだれも思わなかったのではないでしょうか。

しかもこんなに多彩な芸人とは、びっくりですね。

そして嫌味なところが無く、だれからも愛される芸人として将来どんなふうになっていくのか興味があります。

応援していますので、今後のご活躍を期待します。頑張ってください。

タイトルとURLをコピーしました